>

掃除を楽にするために

フタを開けておこう

普段は、洗濯機のフタを閉めている人が見られます。
しかし洗濯機はいつも濡れているので、フタを閉めていると中に湿気が籠ってしまいます。
湿気があるところに汚れやカビが発生するので、掃除が大変になってしまいます。
簡単に掃除を終わらせたいのであれば、湿気が籠らないような対策をしてください。

洗濯機のフタを開けておくことはもちろんですが、洗面所のドアや窓も開けると良いですね。
すると、空気の通り道ができます。
洗面所内を乾燥させられるので、洗濯槽も乾くでしょう。
汚れや、カビが繁殖することを回避できます。
使っていない時は、洗濯機のフタを忘れずに開けてください。
天気が悪い日でも、窓を少し開けておくことをおすすめします。

洗濯物を入れておかない

脱いだ洗濯物を、ずっと洗濯機の中に入れる人が多いです。
しかし、その方法は汚れやカビが繁殖しやすいので避けてください。
洗うまでは、洗濯カゴに入れることをおすすめします。
ずっと洗濯機の中に入れていると、湿気が籠ってしまいます。
カビが大量に繁殖したら、自分の力で落とすことが難しくなります。
嫌な臭いも発生するので、プロにお願いしなければいけません。

すると、高額な費用が発生します。
少しの汚れやカビだったら、市販されている漂白剤でも綺麗に落とせるでしょう。
手遅れにならないように、こまめに掃除することが欠かせません。
洗濯カゴを、洗濯機の横に設置すると良いですね。
自分だけでなく、家族にもルールを守らせてください。


この記事をシェアする